ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 特別定額給付金の給付を装った特殊詐欺等の新型コロナウイルスに関連する消費トラブルについて
町内発生状況

特別定額給付金の給付を装った特殊詐欺等の新型コロナウイルスに関連する消費トラブルについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月9日更新

新型コロナウイルスに関連した消費トラブルが発生しています。

 新型コロナウイルスに関連した消費トラブルが発生しています。不審に思われたら,ご家族、警察や消費生活相談窓口に相談するなどして,その場では決断しないようにしましょう。

特別定額給付金(国民一人当たり10万円)  啓発チラシ [PDFファイル/533KB]

● 市町村(行政機関)が現⾦⾃動預払機(ATM)の操作をお願いすることは絶対にありません。
● 市区町村や総務省などが「特別定額給付⾦」の給付のために,⼿数料の振込みを求めることは絶対にありません。

広島県内で発生した事例1 

4月18日、銀行の職員をかたるなりすましが発生しました。

【犯人がなりすました職業】
 ○○○○銀行本店の職員

【犯人からの電話の内容】「4月いっぱいで,新しいキャッシュカードに替わります」
 「今、コロナが出ているので、お伺いして手続きをお手伝いします」
 「全ての銀行のカードを封筒に入れて,封をしておいてください」

【その電話の最中に,犯人が・・・】
 銀行職員になりすました別の犯人が家まで来て、キャッシュカードをだまし取られた。

広島県内で発生した事例2

5月13日、広島市内で特別定額給付金の給付に便乗した特殊詐欺被害が発生しました。

【犯人がなりすました職業】
 ○○○○役所の職員
 ○○○○銀行の銀行員

【犯人からの電話の内容】
 「コロナの助成金を振り込みます」
 「どこの銀行を使っていますか」
 「銀行口座が古いようなので口座番号を変えましょう」
 「キャッシュカードを準備して待っていてください」

【その電話の後に、犯人が・・・】
 銀行職員になりすました犯人が、家まで来ました。
 そして、その犯人にキャッシュカードをだまし取られてしまいました。

【被害にあわないために】
 あなたの自宅にも、このような電話がかかるかもしれません。
 特別定額給付金の給付手続きで、キャッシュカードや通帳を渡すことはありません。
 家族や知人にも注意を呼び掛けてください。
 このような電話がかかったら、すぐに電話を切り、警察に通報しましょう。 

広島県内で発生した事例3

特別定額給付金の給付に便乗して,個人宅を訪問する不審者が現れましたので,ご注意ください。

【不審者の特徴】
 スーツやワイシャツを着たサラリーマン風の男性

【不審者の言動】
 役所の職員を名乗り、 「コロナ給付金はもらいましたか」 「手続は私に任せて」 「特別定額給付金の書類を書いて」などと言いました。
 被害者が,不審に思い警戒したため,不審者はお金を要求したり個人情報を記載させたりすることはなく立ち去っています。

【今後予想される手口】
 「手続のために必要」などと言い,キャッシュカードをだまし取る
 書類に名前や口座番号などを記載させて,個人情報を不正に入手する

広島県内で発生した事例4

 県内において高校生が特別給付金の手続きを装った特殊詐欺の被害にあい、現金をだましとられました。

【犯行手口】

 スマートフォンやパソコンに電子メールを送りつけ、偽のホームページに誘導し、手数料名目で架空の料金を請求するというものです。

広島県内で発生した事例5

6月29日(月)、広島市安芸区内で、特別定額給付金の申請に便乗した特殊詐欺被害が発生しました。

【犯人がなりすました職業】
 市役所の職員
 銀行の銀行員

【犯人からの電話の内容】
 「10万円給付金の関係で電話をした」
 「10万円入るのでカードの番号を教えて欲しい」
 「カードが古いので新しいものに変更する必要がある」
 「今から若い者が取りに行く」

【その電話の最中に、犯人が・・・】
 銀行員になりすました別の犯人(受け子)が、家まで来ました。
 そして、その犯人に、キャッシュカードを、だまし取られてしまいました。

被害にあわないためには

● 個人情報を聞かれる場合は,警察や消費生活相談窓口に相談してください。
● キャッシュカードや通帳は他人に渡さないでください。
● 来訪者への対応は,いきなり玄関を開けるのではなく,まずインターホン越しに行うなど慎重に行いましょう。
● 相手が役所の職員を名乗って訪問してきても,必ず身分証などを確認しましょう。
 

詐欺や悪質商法に注意

広島県警察本部生活安全総務課が犯罪情報等を発信しています。悪質な手口に注意しましょう。

R2.3.8  犯罪情報官速報 [PDFファイル/828KB]

R2.4.22  犯罪情報官速報 [PDFファイル/414KB]

R2.4.27 犯罪情報官速報 [PDFファイル/550KB]

R2.5.14 犯罪情報官速報 [PDFファイル/528KB]

R2.5.15 犯罪情報官速報 [PDFファイル/813KB]

R2.5.29 犯罪情報官速報 [PDFファイル/393KB]

関連情報

国民生活センター 新型コロナウイルス関連情報 http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coronavirus.html<外部リンク>

広島県消費生活課 https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/41/<外部リンク>

海田町消費生活相談コーナー

 電話番号:(082)823-9219

 木曜日は消費生活相談員がいます。 (出勤時間:9時30分~16時30分) 

 消費生活相談員がいない日もありますので,来庁される場合は当日電話確認を必ずお願いします。 

広島県消費生活センター

 電話番号:(082)223-6111

 受付時間:9時~17時(月曜日~金曜日 (祝日、年末年始を除く))

消費者ホットライン

 ☎ 局番なし 188 (嫌や!消費者トラブル)

 「消費者ホットライン」は,消費者庁が設置したシステムです。
 消費生活センターなどの相談窓口や連絡先をご存知でない消費者に全国共通の電話番号からお近くの消費生活相談窓口をご案内します。土日祝日についても、市区町村や都道府県の消費生活センター等が開所していない場合には、国民生活センターが相談の対応を行っています。
 年末年始(12月29日~1月3日)を除いて原則毎日ご利用いただけます。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)