ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 海田町事業継続応援金を給付します
町内発生状況

海田町事業継続応援金を給付します

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月19日更新

海田町事業継続応援金について

新型コロナウイルス感染症の拡大により売上に大きく影響を受けている事業者に対し事業の継続を支援するため,事業全般に広く使える応援金を給付します。

1.給付額

 10万円

2.給付対象者

 (1) 町内に事業所を有する中小企業信用保険法(昭和25年法律第264号)に規定する中小企業者若しくは小規模企業者(中小企業信用保険法施行令(昭和25年政令第350号)第1項第1号から第3号までに掲げる業種を含む。)及び本業として事業を営む個人事業主であること。

 (2) 今後も海田町内にて事業継続の意思があること。

 (3) 町税(令和2年1月末納期までのものに限る)を滞納していないこと。

 (4) 暴力団等に関与していないこと。

 (5) 令和元年12月31日までに事業を開始していること。

3.給付要件 

 感染症の影響で令和2年3月から5月までのいずれかの月(対象月)の売上高が前年同月に比べて20%以上減少していること。

前年との比較が困難な事業者について

  • 対象月の売上高が,対象月を含む最近3か月間の平均売上高と比較して,20%以上減少していること。(様式第1号)

  • 対象月の売上高が,令和元年12月の売上高と比較して20%以上減少していること。(様式第2号)

  • 対象月の売上高が,令和元年10月から12月の平均売上高と比較して20%以上減少していること。(様式第3号)

減少率の計算式

(前年同月の売上高-対象月の売上高)÷前年同月の売上高×100=減少率(%)

4.不給付要件

  次のいずれかに該当する者に対しては,応援金を給付しません。

・ 本業ではなく副業としての事業を営んでいると判断される個人事業主(事業収入が全収入の50%を超えているかどうかで判断します。)

・既に給付を受けている事業者

具体例

 (1) AとBの二つの会社を経営している事業者の場合、AとBの両方で給付を受けるのではなく、AかBのどちらか一社への給付になります。

  (2) 海田町の法人の代表をしているAさんが町内で個人事業主としても活動している場合、給付を受けるのはどちらか一方のみとなります。

5.申請について

申請様式及び添付書類を揃えて申請してください。

申請様式(中小企業等、個人事業主共通)

(1) 海田町事業継続応援金給付申請書(様式第4号) [PDFファイル/79KB]

(2) 誓約書(様式第5号) [PDFファイル/128KB]

(3) 振込依頼書(様式第6号) [PDFファイル/257KB]

様式配布窓口について

※ 各所窓口にて申請書類を配布しておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、可能な限りこのページからダウンロードしてください。

海田町役場 魅力づくり推進課

 〒736-8601 安芸郡海田町上市14-18 海田町役場3階

広島安芸商工会(様式の配布のみの窓口となります。)

 〒736-0052 安芸郡海田町南つくも町5番15号

申告書(前年と売上の比較が困難な事業者のみ)

・ 様式第1号 [PDFファイル/250KB]

・ 様式第2号 [PDFファイル/245KB]

・ 様式第3号 [PDFファイル/248KB]

添付書類(中小企業等の場合)

  • 謄本の写し(履歴事項全部証明書等)

  • 2019年の確定申告書第一表の写し(※1)

  • 対象月と前年同期の売上高の証明になる資料(試算表,法人事業概況説明書等)

  • 法人名義の振込先口座の通帳の写し(口座名義がカタカナ表記のページ)

添付書類(個人事業主の場合)

  • 開業届の写し(※2)

  • 2019年の確定申告書第一表の写し(※1)

  • 対象月と前年同期の売上高の証明になる資料(試算表,法人概況説明書等)

  • 本人名義の振込先口座の通帳の写し(口座名義がカタカナ表記のページ)

  • 本人確認書類の写し(免許書等)

添付書類についての注意事項(※1、※2)

  • 法人について,法人名が変更された場合,法人番号に変更が無ければ,同一の法人とみなし,法人番号に変更がある場合は別法人とみなします。

  • 開業届の提出が難しい場合、事業所の所在地がわかる資料で代替が可能です。(※2)

  • 確定申告書第一表の写しには税務署の収受日付印が押されているものをご用意ください。(※1)

    e-Taxで申請された場合は,受信通知を添付してください。

収受日付印のある申告書の提出が難しい場合,以下のもので代替が可能です。

法人の場合

  • 2018年の確定申告書の写しに税理士による押印及び署名のなされたもの

個人事業主の場合

  • 2019年分の住民税の申告書類の控え受付印のあるもの

  • ※「確定申告期限の柔軟な取り扱いについて」に基づき,2019年分の確定申告が完了していない場合若しくは申告期限が猶予されておりこの申告が完了していない場合などの事由により提出できない場合は2018年分の確定申告書の写し(収受日付印または受信通知のあるもの)または住民税の申告書類の控え(受付印のあるもの)でも代替することができます。

申請受付期間

 令和2年5月19日から令和2年7月31日まで

・休日,祝日の申請については郵送でのみ受け付けております。

・郵送での申請の場合,7月31日までの消印が有効です。

申請方法

海田町役場3階 魅力づくり推進課 まで申請ください。

〒736-8601 安芸郡海田町上市14-18 海田町役場3階

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、できる限り郵送での申請をお願いします。

6.交付金の振込について

 原則,以下のスケジュールでに給付金を振込依頼書に記載の口座に振込みさせていただく予定です。

給付スケジュール(予定)

申請受付期間

給付予定日

5月19日~5月22日

6月8日

5月23日~5月29日

6月12日

5月30日~6月5日

6月22日

6月6日~6月12日

6月26日

6月13日~6月19日

7月3日

6月20日~6月26日

7月13日

6月27日~7月3日

7月17日

7月4日~7月10日

7月27日

7月11日~7月17日

7月31日

7月18日~7月22日

8月7日

7月23日~7月31日

8月14日

※ 給付スケジュールどおりに給付ができない場合もございますのでご了承ください。

申請期間に当たっての注意事項 

 (1) 申請期間を超過したものは受け付けられません。(令和2年7月31日までの消印有効)

 (2) 申請は1事業主当たり1度までです。

 (3) 虚偽の申請で給付を受けたことが発覚した場合は速やかに応援金を全額返還していただきます。

資料

海田町事業継続応援金給付要綱 [PDFファイル/283KB]

申請要領 [PDFファイル/2.02MB]

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)