ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(仮称)織田幹雄記念館について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月30日更新
 海田町名誉町民で日本人初のオリンピック金メダリスト織田幹雄さんを顕彰する施設である「(仮称)織田幹雄記念館」を(仮称)海田公民館内に併設する計画で準備を進めています。
 現時点での計画内容は次のとおりです。
(仮称)織田幹雄記念館イメージ図(2018年3月時点)

記念館の概要

 織田幹雄さんは、若い頃は競技者として、引退後は指導者として日本陸上界の未来を切り拓いてきました。そんな織田さんが生涯を通していつも輝いていた場所、それこそが陸上スタジアムだと言えます。「(仮称)織田幹雄記念館」は、この陸上スタジアムをデザインテーマとします。
 陸上トラックに模した「時代のフィールド」では、実際の陸上競技と同じ反時計回りで、実物資料やグラフィックによって織田さんの生涯を紹介します。その周囲には、映像や小セミナーなどによって織田さんについて学べる「ODAシアター」、織田さんの遺した言葉を紹介する「言葉のギャラリー」、織田さんが遺した日記や関連書物などをゆっくりと読むことができる「競技のライブラリー」を配置して、体験型展示を通して織田さんの偉業や人間としての魅力を学んでいただける施設をめざしています。




※ODAシアターで放映を予定している動画は別のものです。