ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 海田町災害情報 > 「平成30年7月豪雨災害に係る災害復旧及び被災者支援の取組について」の住民説明会(9月27日分)の実施概要

「平成30年7月豪雨災害に係る災害復旧及び被災者支援の取組について」の住民説明会(9月27日分)の実施概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月11日更新

住民説明会の様子2住民説明会の様子1

日時・場所

平成30年9月27日(木)19時~22時10分

町民センター 3階ホール

来場者数

122名

海田海田東海田南海田西町外不明合計

<校区別>

11名55名53名0名2名1名122名

 

出席者・説明員等

(1) 海田町(14名):町長、副町長、教育長、企画部長、総務部長、福祉保健部長、

            建設部長、教育次長、建設部次長、財政課長、生活安全課長、

            こども課長、建設課長、社会福祉課主幹

 

(2) 広島県(7名):【本庁】砂防課長、河川課職員3名、砂防課職員1名

            【西部建設事務所】次長、東部連続立体交差事業課長 

質疑応答

(1)質疑者数

     14名

質疑回答

(2)主な内容

今後、砂防堰堤を新築・改修する予定があるか。

【県回答】

現時点で新設が決定しているのは楠木谷川、南幸町。奥ノ谷川も早期完成を目指し工事を進める。
その他の箇所はご要望もあり、土砂流出箇所もなんらかのダムが整備できるように具体的に決まったら地域の皆様にもお知らせする。

砂防堰堤について、春日神社の上の砂防堰堤も満タンだった。満タンのままほっておかれるのも不安なので取ってほしい。砂防の設置は3年をみていたらよいのか。完成はいつか。

【県回答】

砂防の土砂は、水の流れる高さまでは問題ない。それ以上は撤去した。
現在、調査中。来年度末までに完成させたい。

現在は、10月初旬に土砂撤去に入れるとのこと。民有地は今年いっぱいという話だったが、私のような個別案件はいつ終わるのか。

【町回答】

家屋解体・土砂撤去については、同時にさせてもらおうと考えている。発注準備は整っているが、業者が見つからなく予定がずれている。見つかり次第、発注し、撤去を進めたい。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。