ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生活安全課 > 海田町ハザードマップ

海田町ハザードマップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

1 津波ハザードマップについて 

 広島県津波浸水想定の見直しに伴い,海田町で津波が発生した場合の被害想定,浸水面積,津波の高さなどが改正されたことに併せ,平成20年に配布した津波・洪水ハザードマップを修正しました。

 この津波ハザードマップのベースとした広島県津波浸水想定は,最悪の状況を想定する必要があるとして,次の条件で作成されています。

  1. 潮位が年間で最も高いときに津波が発生した場合を想定
  2. 堤防や防波堤は破壊され,機能しない場合を想定    
    (地震前の25%の高さまで低下)
  3. 地殻変動により地盤が沈下した場合を想定

 なお,町で最大の被害が発生する地震は,「南海トラフ巨大地震」による津波で,被害想定は次のとおりです。

項目

 

数値

 

最大震度

 

震度6弱

 

最高津波水位

 

3.6m(津波高1.5m)

 

浸水面積(浸水深2m以上)

 

46ha

 

最大波到達時間

 

246分

 

津波影響開始時間

 

57分

 

 ※津波影響開始時間とは,海域を伝播してきた津波により初期潮位から±20cmの変化が生じるまでの時間を指します。

2 洪水ハザードマップについて

 概ね100年に1回起こる大雨で,瀬野川流域において1日間の総雨量が242mmの降雨がある場合により,瀬野川がはん濫した場合を想定して作成されています。

3 土砂災害ハザ ードマップ

 海田町において,土砂災害の恐れのある箇所及び地域を示しています。

4 高潮浸水ハザードマップ

 最大の被害が想定される台風の襲来と満潮が重なった場合を想定しています。(台風の最大規模は,929hPa・瞬間最大風速は,55.3m/s(伊勢湾台風と同規模))

 

5 お知らせ

 保育所再整備事業に伴い、平成28年3月31日をもって幸保育所が閉所となりましたので避難所として利用できません。

以下のリンクから,各ハザードマップを確認できます。お住まいの地域の状況を確認し,日頃から備えの一手段として,ご活用ください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)