ページの先頭です。

がん検診のお知らせ

保健センター

電話番号 082−823−4418 FAX番号 082−823−0020

大腸がんは早期発見・早期治療が大切です。

今年度最後 第3期受付を開始します。

大腸がんは自覚症状がほとんどないため、1年に1回、検診(検便検査)を受けることが大切です。

今年度まだ受診していない人は、ぜひこの機会を利用してください。

日本における大腸がんの罹患率は近年横ばいですが、死亡数は男性では第3位、女性では第1位となっています。大腸がんは50歳代から増加しはじめ、高齢になるほど高くなります。

※国立がん研究センターがん対策情報センター(2014年データ)

対象 町内在住の40歳以上の男女

提出期間 1月4日(水曜日)から2月23日(木曜日)(金曜日・土曜日・日曜日、祝日を除く)

受付時間 8時30分から17時

提出場所 保健センター

料金 300円 ※平成27年度町民税非課税世帯、生活保護世帯の人は免除となります。(免除証明書・被保護者証明書が必要)

検査はとても簡単です

①保健センターに検査キット・問診票を取りに来てください。

②自宅で2日分の便(ベン)を取ります。(便(ベン)に混じった大腸からの出血を調べる「便(ベン)潜血(センケツ)検査」です)

③1日目の採取日から4日以内に保健センターに提出してください。

料金は提出時に支払ってください。

女性がん検診を受診しましょう

子宮頸がん・乳がんは早期発見が可能ですが、初期の段階では症状がないことがほとんどです。

少なくとも2年に1度、必ず検診を受けましょう。

女性がんの個別検診は3月31日(金曜日)をもって終了します

指定医療機関で子宮頸がん検診(20歳以上)・乳がん検診(40歳以上)を実施しています。

受診方法

①指定医療機関(町(チョウ)ホームページ・健診(ケンシン)のしおりに掲載)の中からあらかじめ、希望する医療機関に予約を入れてください。

②受診の際に必要な「個別がん検診受診券」は保健センターで発行します。平成27年度町民税非課税世帯の人は「免除証明書」もあわせて発行します。(印鑑を持参してください)

料金

子宮頸がん検診 1,000円

乳がん検診 2,000円

無料クーポン券対象者、免除証明書持参の人は無料です。

無料クーポン券を持っている人は急いでください