ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 町長コラム(平成29年8月号)

町長コラム(平成29年8月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年8月1日更新

かいた版ネウボラ

 みなさん、「ネウボラ(Neuvola)」という言葉をご存知でしょうか。最近、目にしたり、耳にしたりする言葉だな?と思われるかもしれません。
 「ネウボラ」とは、フィンランド語で ネウボ(Neuvo)=アドバイス、ラ(la)=場所ということで、「アドバイスする場所」を意味する言葉です。
 フィンランドでは、自治体に「ネウボラ」という子育て支援を行う施設があり、妊娠から出産、子どもが産まれた後も、保健師・保育士によるサポートを継続的に提供する総合的な支援サービスがあります。
 このフィンランドにおける子育て支援施策を参考にしながら、広島県が母子保健と子育て支援が一体となった「ひろしま版ネウボラ」をモデル的に設置するもののひとつとして、海田町にも「かいた版ネウボラ」を設置します。
 詳細は別稿に譲りますが、「かいた版ネウボラ」は、ひまわりプラザの機能を強化し、保健センターや子育て支援センターなどと連携しながら、安心して、楽しみながら子育てができるよう、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援をワンストップで提供します。
 具体的には、個人に応じたサービス等について、妊娠期からの継続的な相談に応じる窓口を設置し、保健師や保育士の専門職が常駐し、妊婦の方や親子の方々に対して、楽しみながら育児を行うことができるようサポートし、子育てに関する様々な相談に対応してまいります。
 本格的なスタートは、10月からを予定しておりますが、園庭利用や、マタニティセミナー、11ヶ月赤ちゃん教室などの事業は、スタートしておりますので、皆さんの参加をお待ちしております。
 今後とも、「子どもがいきいきと育つまちづくり」に努めてまいりますので、皆さんのご理解、ご協力をお願いいたします。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。