ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町長の部屋 > 町長コラム(平成30年3月号)

町長コラム(平成30年3月号)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月1日更新

海田町のまちづくりについて

 2月7日、広島市東部地区連続立体交差事業に関係する四者(広島県、広島市、府中町、海田町)のトップが集まり、広島市が1月18日に申し入れをされた見直し案について意見交換を行った結果、広島県、府中町、海田町は広島市の案を基本に進めることに合意しました。詳細につきましては、本紙2ページに掲載しています。
 この事業は、これまで計画変更を重ねたことで、本町のまちづくりに影響を与えた経緯を考えますと、1日も早く事業に着手していただき、海田町のまちづくりを着実に進めていくことが重要と考えています。
 本町においては、現在、「第4次海田町総合計画 後期基本計画(平成28年度~32年度)」に基づいて、まちづくりを行っております。
 この期間中には新庁舎への移転や新公民館建設といった大きな事業も進めていく予定としています。
 新庁舎建設については、旧広島県海田庁舎敷地を建設予定地として位置づけ、新庁舎の施設整備の方針や規模、事業計画などを定めた「海田町新庁舎整備基本計画」を、現在、策定中です。
 計画策定後に、基本設計を行い、随時、「海田町新庁舎かわら版」や町ホームページなどで状況をお知らせしてまいります。
 また、先月、新庁舎整備基本計画をはじめ、町のさまざまな計画において、実施しておりましたパブリック・コメントにご協力いただきましてありがとうございます。
 今後とも、パブリック・コメントなどを活用しながら、町民の皆さまのご意見などをうかがいながら、まちづくりを進めてまいりたいと考えております。
 来年度の平成30年度は、この後期計画の折り返しの年であり、これまでの成果や課題などを踏まえ、着実に取り組んでまいりたいと考えておりますので、皆さまのご協力をお願いいたします。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。