ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
町内発生状況

各種相談窓口

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月11日更新

相談窓口について

 新型コロナウイルス感染症について,住民の皆さまからの相談に対応するため,相談窓口を設置しています。

 

症状等がある時の相談

 新型コロナウイルス感染症について、どのような方にどのような場合に相談・受診いただくのが適切か、その目安を示しています。検査については、医師が個別に判断します。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

○発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控える。

○発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

○基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、まずは、かかりつけ医等に電話で御相談ください。

相談窓口に御相談いただく目安

 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

○息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

○重症化しやすい方(高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

○上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪症状が (4日以上)続く場合

 (強い症状と思う場合、解熱剤を飲み続けなければならない方は、すぐに相談)

相談窓口(24時間対応)

   電話番号 (082)513-2567

妊娠中の方へ
  • 念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに相談窓口に御相談ください。
お子様をお持ちの方へ
  • 小児については、小児科医による診察が望ましく、かかりつけ小児医療機関に電話で御相談ください。

医療機関にかかるときのお願い

○複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。

○医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 

町相談窓口

新型コロナウイルス感染症の影響により、生活や子育て、事業などでお困りなことや不安がある場合、海田町では、次の窓口で相談・手続きを受けています。

◇一般の方

区分相談・支援内容相談・お問い合わせ先
感染症の予防に関すること新型コロナウィルス感染症の予防方法に関する相談保健センター082-823-4418
消毒方法に関する相談
自身・家族等の健康に関すること新型コロナ感染症に伴う不安等、心やからだの健康に関する相談

夫婦・パートナー間での暴力に関すること

配偶者やパートナーからの暴力(DV)相談

こども課082-823-9227
自治会等に関すること自治会等の運営や活動に関する相談魅力づくり推進課082-823-9234

子育てに関すること

 

 

 

 

 

小学校の臨時休業に伴う児童クラブの入会・退会等の手続きの相談

こども課

082-823-9227

保育所の利用に関する相談
児童養育・親子関係に関する相談

児童虐待に関する相談

子どもへの虐待を防ぐために

乳幼児健診、育児相談等の中止に伴う発達や育児に関する相談保健センター082-823-4418
放課後等デイサービス利用日数や事業所の調整に関する相談社会福祉課082-823-9207
学校教育に関すること新型コロナウィルス感染症拡大防止に係る学校教育全般に関する相談学校教育課082-823-9216
各学校の対応に関する相談各学校 
高齢者に関すること高齢者の新型コロナウィルス感染症に対する不安等の相談地域包括支援センター082-823-9609
通いの場の中止や再開に関する相談
介護保険サービス等の利用についての相談長寿保険課082-823-9609
障がい者に関すること障害福祉サービスの等の利用ができなくなることによって生じる問題についての相談社会福祉課082-823-9207
障がい者の新型コロナウィルス感染症に対する不安等の相談
生活困窮、融資・貸し付けに関すること特別給付金に関すること総務省コールセンター(9時~18時30分(土日・祝日除く))03-5638-5855
海田町特別定額給付金担当823-9233
新型コロナウィルス感染症の影響により、休業や失業等をされた方のための、生活福祉資金貸付制度(緊急小口資金、総合支援資金(生活支援費))の利用に関する相談

●一般的な問い合わせ

コールセンター(9時~21時(土日・祝日含む))

0120-46-1999

●申し込み(予約制)

海田町社会福祉協議会

082-820-0294
収入減少による生活や家計等の困りごとに関する相談社会福祉課(福祉事務所)082-823-9220
納税・納付に関すること新型コロナウィルス感染症の影響による町税等の納付に関する相談収税対策室082-823-9226
新型コロナウィルス感染症の影響による介護保険料及び後期高齢者医療保険料の納付に関する相談長寿保険課082-823-9609
国民年金に関すること新型コロナウイルス感染症の影響で収入が減少し、国民年金保険料が納めることが困難な場合の相談住民課082-823-9206
町営住宅に関すること新型コロナウィルス感染症の影響による町営住宅の家賃等の支払いや入居に関する相談都市整備課082-823-9634
上下水道料金に関すること新型コロナウィルス感染症の影響による上下水道料金の支払いに関する相談上下水道課082-823-9214
消費生活相談に関すること詐欺などの消費生活に関する相談消費生活相談窓口(町民生活課)
※消費生活相談員への相談は毎週木曜日9時30分から16時30分まで
082-823-9219

 

◇事業所の方

区分相談・支援内容相談・お問い合わせ先
中小企業への支援に関することセーフティネット保証4号の認定売上高等が前年同月比20%以上減少している中小企業者の資金繰りの支援魅力づくり推進課082-823-9234
セーフティネット保証5号の認定特に重要な影響が生じている業種について、売上高等が前年同期比5%以上減少している中小企業者の資金繰りを支援
危機関連保証の認定

セーフティネット保証4、5号とは別枠の保証で支援を拡大

売上高等が前年同月比15%以上減少している中小企業者・小規模事業者の資金繰りの支援
感染拡大防止協力支援金(仮称)緊急事態措置期間中(4月22日から5月6日まで)に休業等の要請に全面的に協力した中小企業者等に対し、県内市町が協力して支援金を支給(補正予算が広島県議会で可決した場合に実施されます)広島県商工労働総務課082-513-3311

介護サービス事業所の人員基準等に関することの相談

 

人員基準等の臨時的な取り扱い等に関する相談長寿保険課082-823-9609

障害福祉サービス等の事業所の報酬に関することの相談

 

社会福祉課082-823-9207

視覚や聴覚等に障害のある方へ

視覚に障害のある方へ

視覚に障害のある方への新型コロナウイルス感染症に関するテキストデータの提供<外部リンク>(広島県ホームページ)

聴覚に障害がある方へ

聴覚に障害のある方、失語症の方、音声機能障害の方など、電話での相談が難しい方に対して、FAXによる相談を受け付けています。

相談窓口

新型コロナウイルス感染症Fax相談窓口(広島県障害者支援課内)
Fax:(082)223-3611

※Fax送信はいつでも可能ですが、対応に数日要することもあります。あらかじめご了承ください。

※詳しくは「聴覚に障害のある方など電話での相談が難しい方の相談窓口の設置について<外部リンク>(広島県ホームページ)」をご覧ください。

Fax相談票 (Wordファイル)(24KB)<外部リンク>

Fax相談票 (PDFファイル)(91KB)<外部リンク>

妊娠中・子育て中の方へ

妊産婦の皆さんの検査受診の流れや産前・産後ケアの利用者負担の半額減免のご案内、オンライン『おしゃべり広場』などの情報を掲載しています。

妊娠中・子育て中の方向け 新型コロナウイルス感染症関連情報<外部リンク>(広島県ホームページ)

 

厚生労働省の電話相談窓口

電話0120-565653(受付時間:9時00分~21時00分)※土日・祝日も実施

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)