ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 平成30年7月豪雨災害情報 > 被災した歴史資料(古文書・写真等)の保管について

被災した歴史資料(古文書・写真等)の保管について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月17日更新
 災害の発生に伴い、個人宅で保管されている下記のような歴史資料が失われることがあります。こうした資料は、地域の歴史を記録したかけがえのない財産です。水や泥に浸かってしまった場合でも、適切な処置を行うことで、修復が可能な場合がありますので、廃棄せず、取り扱いや支援等について、生涯学習課までご相談ください。

例:和紙にくずし字で書いた文書や、和紙に書かれて冊子になっているもの。
   明治・大正・昭和時代の記録(日記・手紙・はがき・写真など)。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。