ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 海田町災害情報 > 平成30年7月豪雨災害義援金の第1次配分について

平成30年7月豪雨災害義援金の第1次配分について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月22日更新

全国の皆さんから寄せられた義援金の第1次配分の申請受付を行います。

 今回の配分は、被災された方の早期の生活再建に活用していただくため、広島県内外から寄せられた義援金総額の一部を配分するものです。

 

 1 義援金の概要

  ⑴ 対象となる人・世帯

    <人的被害> 平成30年7月豪雨災害で、次の人的被害を受けた方またはご遺族

      (ア) 亡くなられた方または行方不明の方 

      (イ) 重傷者(1か月以上の治療を要する方)

    <住家被害> 平成30年7月豪雨災害で、住んでいた家屋が次の被害を受けた世帯

      (ア) 全壊 

      (イ) 半壊

      (ウ) 一部破損

      (エ) 床上浸水 

      ※ 床下浸水は対象外です。

      ※ 住家被害の認定は災害報告取扱要領に基づきます。

 

  ⑵ 第1次配分金額

    <人的被害> 1人当たり  5万円

    <住家被害> 1世帯当たり 5万円

    ※ 人的被害と住家被害の両方を受けた場合は、それぞれ受け取ることができます。

 

  ⑶ 配分方法

     口座振込により配分します。

    <人的被害> 人的被害を受けた方またはご遺族の銀行等口座に振り込みます。

    <住家被害> 世帯主の銀行等口座に振り込みます。

    ※ 振込予定: 受付からおおむね1か月以内。

       なお、振込日の通知は行いませんので、通帳記入により確認してください。

 

 2 申請について

   対象となる方及び世帯には、申請書を郵送します。

   

  ⑴ 申請に必要な書類等

      (ア)ご遺族の方及び住家被害の方

        義援金申請書

      (イ)重傷者の方

        (a) 義援金申請書

        (b) 重傷者報告書

        (c) 1か月以上の治療を要することが確認できる医師の診断書(コピー可)

      

  ⑵ 受付方法

    郵送及び被災者支援相談窓口(役場1階ロビー)で受け付けます。

    窓口での申請は混雑が予想されますので、できるだけ同封の返信用封筒をご利用ください。

     (ア) 郵送で申請する場合

       すでに、り災証明書の交付を受けている世帯には、申請書等を郵送します。

       (全壊、半壊、一部破損、床上浸水に限る。)

       必要事項を記入し、添付が必要な書類を同封の上、返信用封筒で返送してください。

       

     (イ) 窓口で申請する場合

      〇受付時間 平日の9時00分~17時00分  

      〇受付場所 被災者支援相談窓口(役場1階ロビー)

 

 3 問い合わせ先(平日の8時30分~17時15分)

  (1) 住家被害の調査など   税務課(電話:823-9204)

  (2) り災証明書の交付など  社会福祉課(電話:823-9207)

  (3) 申請書の書き方など   保健センター(電話:823-4418)

    

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。