ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

転入に関する届け出

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新ページ番号:0001653

転入届

概要

他の市町村から海田町へ引っ越してきたときに必要となる届出です。

届出の期間

海田町に住所を定めた日から14日以内

届ける人

本人または世帯員、または本人から委任を受けた方(委任状が必要です)

届ける所

海田町役場 1階 住民課(2番窓口)

受付時間

午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝休日、年末年始を除く。)

届出に必要なもの

  • 前住所地の市・区役所、町村役場発行の転出証明書(国外から転入の場合は、パスポート)
  • 本人確認ができるもの(マイナンバーカード、運転免許証、パスポートなどの官公署が発行した写真付きの証明書)
  • マイナンバー(個人番号)カード ※転入先で届出をする際は、転出年月日から14日以内に、さらにその日が転出予定日から30日以内でないと届出できません。それを過ぎると、カードは廃止となります。
  • 住民基本台帳カード(持っている場合のみ)

特例(付記)転出届による転入の特例

あらかじめ前住所地の市町村に特例(付記)転出届を郵送している場合、転入届に必要なものは、マイナンバーカード若しくは住民基本台帳カードです。
また、受付時間が午前9時から午後5時までとなりますのでご注意ください。

※転入先で届出をする際は、転出年月日から14日以内に、さらにその日が転出予定日から30日以内でないと届出できません。それを過ぎると、カードは廃止となり、紙の転出証明書の再発行が必要です。

海外からの転入の場合に必要なもの

1.住民異動届(転入届)

※海田町役場住民課にあります。

2.戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) および戸籍の附票の写し
※海田町外に本籍地がある場合は、郵送で請求する等の方法により、あらかじめ入手しておく必要があります。本籍地が海田町内であれば、転入手続時にあわせて請求することが可能です。

3.窓口にお越しになる方の本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)、健康保険証等)

4.転入された方のパスポート

※パスポートに入国のスタンプ(証印)がない場合は、帰国便の航空券の半券など入国日が確認できるものを併せて持ちください。

5.年金手帳 ※国民年金第1号被保険者のみ

6.外国人住民の方は、在留カードまたは特別永住者証明書
※在留カード等を提示して転入届を出した場合は、入管法上の住居地届をしたものとみなします。
※空港で在留カードが発行されなかった場合、その旨が記載されたパスポートで受付できます。

7.委任状 ※代理人が手続きされる場合のみ

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。