ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 住民課(国保年金係) > 産前産後期間の免除制度国民年金

産前産後期間の免除制度国民年金

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

国民年金第1号被保険者 が出産を行った際に、出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除される制度が

平成31年4月1日から始まりました。

国民年金保険料が免除される期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」という。)の国民年金保険料が免除されます。

なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。

※ この場合の出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。(死産・流産・早産された方を含みます。)

対象となる方

国民年金第1号被保険者 で出産日が平成31年2月1日以降の方

※ 第1号被保険者について、詳しい説明はこちらをクリックして下さい

届出方法

出産予定日の6か月前から提出可能です。

届出用紙は住民課窓口でお渡しいたします。

その他

 産前産後期間の免除制度についてのQ&Aは、こちら(PDF66KB)<外部リンク>をご覧ください。

 

リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)