ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

遺族基礎年金

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月1日更新

遺族基礎年金とは

国民年金加入中の死亡、または老齢基礎年金を受取る資格期間(原則として25年)を満たした方が死亡したとき、その人によって生計を維持されていた子のある妻、または子で、子が18歳に達する日以後の最初の3月31日になるまで、あるいは1級・2級の障害のある子の場合は20歳になるまで支給される年金です。

年金が受けられる要件

つぎのいずれかに該当する方が死亡したとき。

  1. 国民年金の被保険者の方
  2. 国民年金の被保険者であった方で、日本国内に住所を有し、60歳以上65歳未満の方
  3. 老齢基礎年金の受給権者の方
  4. 老齢基礎年金の受給資格期間を満たしている方

ただし、1、2の場合、保険料納付済み期間と保険料免除期間・学生納付特例期間が、死亡日の属する月の前々月までの保険料を納付しなければならない期間の3分の2以上あることが必要です。

※ 令和8年3月31日までに死亡した場合は、死亡日の前日において、死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料未納期間がなければ受けられます。

年金を受取れる方

つぎのいずれかの方

  • 死亡した方によって生計を維持されていた子のある妻
  • 死亡した方によって生計を維持されていた子

妻に遺族基礎年金の受給権があるときは、子に対する遺族基礎年金は、支給停止されます。
また、子に生計を同じくする父もしくは母がいるときは、子の遺族基礎年金は、支給停止されます。

年金を受取れる期間

死亡した方によって生計を維持されていた子が、

  • 18歳に達した以後の最初の3月31日になるまで
  • 1級・2級の障害のある子の場合は20歳になるまで

年金額

令和元年度

 780,100円 + 子の加算

加算対象の子加算額
1人・2人(1人につき)各224,500円
3人以降(1人につき)各74,800円

※子が遺族基礎年金を受給する場合の加算は第2子以降について行われ、子1人あたりの年金額は、上記による年金額を子の数で除した額となります。      

リンク

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。