ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 住民課(国保年金係) > 医療費の加入者負担(国民健康保険)

医療費の加入者負担(国民健康保険)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月1日更新

医療を受けるときの一部負担割合

病気やけがで医療を受けるときは、国民健康保険の保険証を提示することで、年齢や所得段階に応じた負担割合で受けることができます。

70歳未満の方の一部負担割合

年齢一部負担割合
義務教育就学前2割
義務教育就学後から70歳未満3割

70歳以上75歳未満の方の一部負担割合

生年月日一部負担割合
昭和19年4月1日までの方

2割(ただし特例措置により1割)

現役並みの所得がある場合は3割

昭和19年4月2日以降の方

2割

現役並み所得のある場合は3割

※ 現役並みの所得がある場合とは、住民税課税所得が145万円以上の人、または、同一世帯に課税所得が145万円以上の70歳以上の方がいる場合です。

ただし、70歳以上の方の合計収入が520万円(一人世帯の場合は383万円)未満の方は、申請をして認められると、お誕生日が昭和19年4月1日までの方は1割負担,4月2日以降の方は2割負担になります。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。