ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 社会福祉課 > 民生委員・児童委員

民生委員・児童委員

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月1日更新
民生委員児童委員は、日頃から地域の皆さんの身近な相談役です。生活上の心配ごとの相談や,福祉サービスを利用するためのお手伝いなど,同じ地域の一員として相談に応じ,関係機関と手を取り合いさまざまな形で支援活動をしています。守秘義務があり,相談内容や秘密が外に漏れることはありませんので,生活上の困りごとがあれば気軽にご相談ください。
また民生委員児童委員が不在の地区にお住まいの方は,社会福祉課へご相談ください。

 

民生委員児童委員活動の主なはたらき

社会調査のはたらき(地域におけるアンテナ的役割)

調査活動を通して地域住民の生活実態と福祉ニーズを的確に把握する。

相談のはたらき(地域における世話役的役割)

地域住民が抱えている悩みごとや心配ごとについて、相談に応じ必要な助言を行う。

情報提供のはたらき(地域における告知板的役割)

地域の要援護者はもとより、住民各層に対し福祉に関連するサービスや情報などを提供するとともに、その周知に努める。

連絡通報のはたらき(地域におけるパイプ的役割)

地域住民が抱える問題や要望を行政や福祉関係団体等に的確に伝えたり、その反対に住民側に情報等を伝達するなど、橋渡しをして相互に連携がとれるよう努める。

調整のはたらき(地域における円滑油的役割)

様々な情報を適切な判断をもって処理し、要援護者のニーズとそれに対応する福祉サービスの提供を望ましい形で結びつけることに努める。

支援態勢づくりのはたらき(地域における支援的役割)

地域の関係機関や地域住民と連携して要援護者の生活を地域の中で支え、援助していく態勢づくりに努める。

意見具申のはたらき(地域における代弁者的役割)

住民の立場からその生活実態や社会福祉の実施運用の実態を具体的資料に基づき十分検討したうえで、改善整備のための建設的な意見を、関係の自治体や実施機関に意見具申する。

以上のように、民生委員児童委員は地域の中で様々な活動を展開し、社会奉仕者として責任と自覚をもって、地域福祉の向上に努めています。

民生委員・児童委員の日 活動強化週間

5月12日は「民生委員・児童委員の日」です。また5月12日から18日までは、民生委員・児童委員の活動を地域の皆さんに知っていただくための「活動強化週間」です。民生委員・児童委員は、常に住民の立場にたって、安心で暮らしやすい地域社会をつくるために活動しています。

詳しくは、社会福祉課へお問い合わせください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)