ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > こども課 > 乳幼児等医療費の助成

乳幼児等医療費の助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月1日更新

乳幼児等の医療費を助成します

 乳幼児等の健康を守り、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、中学校3年生までの乳幼児等を対象に、医療費の自己負担分の一部を助成します。

対象者

 0歳から中学校3年生までの乳幼児等

受給資格

  • 海田町に乳幼児等の住所があること
  • 乳幼児等が健康保険に加入していること
  • 保護者(生計の中心者)の所得が所得制限限度額未満であること

所得制限限度額

 乳幼児が1歳未満(0歳児)の場合は、所得制限がありません。

 乳幼児等が1歳から中学校3年生までの場合は、所得制限限度額は、つぎのとおりです。

扶養親族等の数

所得制限額

0人

532万円

1人

570万円

2人

608万円

3人

646万円

4人

684万円

5人

722万円

※ 1月~5月生まれ:前々年分の所得
   6月~12月生まれ:前年分の所得

助成内容

 保険診療の自己負担分(一部負担金額を除く)

対象年齢対象範囲
0歳児から6歳児(就学前)まで通院・入院
小学校1年生から中学3年生まで入院

 ※ただし、200床以上の病院での紹介状なしの初診料、健康診断、予防接種、歯列矯正など保険給付の行われないもの、入院時食事療養費にかかる標準負担額については、支給対象となりません。

一部負担金

 一部負担金は医療機関ごとに1日500円(通院は月4日、入院は月14日を限度)

 (通院 月5日以降、入院 月15日以降は自己負担はありません。)

 ※院外処方による保険薬局、及び治療用装具代については一部負担金は必要ありません。

乳幼児等医療の手続き

0歳児~就学前6歳児

  • 新規認定

    お子様が生まれた場合や、他の市町村から転入してきた場合には、14日以内に受給資格認定申請をしてください。 (手続きに必要なものが揃わなくても、申請書は期限内に提出してください。)

※期限を過ぎた場合は、申請書を提出した日からの認定になります。

  • 受給者証の更新

    「乳幼児等医療費受給者証」は、以下のとおり有効期間があり、毎年更新が必要です。

 (更新の対象者には有効期間満了前に申請書をお送りします)

 0歳児:出生の日から満1歳の誕生日の月末まで
 1歳児:満1歳の誕生日の翌月初日から満2歳の誕生日の月末まで
 2歳児:満2歳の誕生日の翌月初日から満3歳の誕生日の月末まで
 3歳児:満3歳の誕生日の翌月初日から満4歳の誕生日の月末まで
 4歳児:満4歳の誕生日の翌月初日から満5歳の誕生日の月末まで
 5歳児:満5歳の誕生日の翌月初日から満6歳の誕生日の月末まで
 小学校就学前の6歳児:満6歳の誕生日の翌月初日から同日以後の最初の3月31日まで

 注)1日生まれの方は「誕生日の翌月初日から」が「誕生日の月初日から」に、「誕生日の月末まで」が「誕生日の前月末まで」になります。
 小学校就学前の6歳児からは、3月2日から4月1日生まれの方を除きます。

※誕生日の翌月末を過ぎて更新の申請をされると申請日からの認定となり、誕生日の翌月初日以降に病院で支払われた医療費を遡って償還払いすることができなくなりますので、ご注意ください。

小学校1年生~中学校3年生

  • 新規認定

 入院医療費の助成が必要となった場合に申請手続きをしてください。

 (入院予定のない方への受給者証の事前交付は行っておりません。)

  • 受給者証の更新

 申請者には入院日から次の誕生日の月末までの受給者証を交付しますが、更新の必要はありません。

 入院医療費の助成が必要となった場合に再度申請手続きをしてください。

 手続きに必要なもの

  1.  健康保険証(お子様の名前の記載されたもの)
  2.  印鑑
  3.  所得証明書(課税証明記載事項証明書)等(※所得額,扶養親族等の数,控除金額が記載されたもの。 ここ2年程の間に海田町に転入されている方や保護者が町外に住んでいる場合に必要となります)

医療費の払戻し

 次の場合、支払った医療費の自己負担分について払戻しを受けることができます。

  • 申請手続後、乳幼児等医療費受給者証が交付されるまでの期間に治療を受けたとき
  • 広島県外の医療機関にかかったとき
  • 治療のため必要なコルセットなどの治療用装具を購入したとき
  • 急病等で受給者証を提示せずに受診したとき

 ただし、保険診療外の費用及び一部負担金については払戻しできません。

手続きに必要なもの

  1. 乳幼児等医療費受給者証
  2. 健康保険証(お子様の名前の記載されたもの)
  3. 印鑑
  4. 通帳(保護者名義のもの)
  5. 領収書(お子様のお名前/受診日/保険点数/支払金額の記載があるもの)

その他の手続き

 つぎのようなときは届出が必要です。

  • 海田町外へ転出するとき
  • 海田町内で転居するとき
  • 氏名が変わったとき
  • 加入している健康保険が変わったとき
  • 受給者証を紛失したとき
  • 死亡したとき

 

通院医療費の対象が小学校3年生までになります

平成30年1月から、保険診療分の通院医療費の助成については対象年齢を現在の就学前までから、小学3年生までに 拡大します。対象児童の保護者へ10月中に申請書を送付します。