ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 長寿保険課 > 運転免許証を自主返納する高齢者が増えています。

運転免許証を自主返納する高齢者が増えています。

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月8日更新

 海田町では,運転免許証を自主返納した高齢者がマイカーに依存することなく移動でき,充実した生活を続けられることを目的に,平成31年4月1日から運転免許証を自主返納された高齢者の支援を行っています。

 なお,平成30年度は71人の高齢者が運転免許証を自主返納されましたが,今年度は9月末までの6か月間で,すでに74人の方が返納されています。

  ・平成31年4月:9人

  ・令和元年5月:12人

  ・令和元年6月:20人

  ・令和元年7月:11人

  ・令和元年8月:11人

  ・令和元年9月:11人

 運転免許証の自主返納を検討されている方は,お気軽にお問合せください。

 

海田町運転免許証自主返納高齢者支援事業の申請者数

 

パスピー

タクシー券
 
平成31年4月

男性

6人1人7人

女性

2人0人2人

8人1人9人
令和元年5月

男性

5人2人7人

女性

5人0人5人

10人2人12人
令和元年6月

男性

7人4人11人

女性

5人4人9人

12人8人20人
令和元年7月

男性

4人3人7人

女性

4人0人4人

8人3人11人
令和元年8月

男性

3人1人4人

女性

5人2人7人

8人3人11人
令和元年9月

男性

4人2人6人

女性

3人2人5人

7人4人11人
合  計

男性

29人13人42人

女性

24人8人32人

53人21人74人

 

海田町運転免許証自主返納高齢者支援事業の概要

【対象者】

 次の(1)から(3)の条件を満たす方

  (1)平成31年4月1日以降に運転免許証を自主返納された方

  (2)申請時に65歳以上の方

  (3)申請時に海田町に住民登録されている方

  ※支援は対象者本人のみ,1回限りです。

  ※申請期限は自主返納日から1年以内です。

  ※有効期限が切れたこと等により運転免許が失効された場合は対象になりません。

 

【支援内容】

 次のいずれかを選択できます。

  (1)1万円の広島県交通系ICカード「パスピー」

     (デポジット500円,チャージ9,500円) ※有効期限なし

  (2)1万円のタクシー利用助成券

     (500円×20枚) ※有効期限は申請した年度末まで

 

【申請の流れ】

  (1)ご本人が警察または運転免許センターで運転免許証の自主返納手続きを行います。

    →「申請による運転免許の取消通知書」が交付されます。

  (2)「申請による運転免許の取消通知書」または「運転経歴証明書」と印鑑を持って,海田町役場1階4番窓口の長寿保険課で申請してください。

  (3)申請内容を確認し,後日,パスピーまたはタクシー利用助成券を簡易書留で郵送します。

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。