ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 長寿保険課 > 医療費の一部負担割合(後期高齢者医療)

医療費の一部負担割合(後期高齢者医療)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月26日更新ページ番号:0000460

医療機関の窓口では、所得段階に応じて医療費の一部を負担します。
所得段階と、所得段階ごとの負担は、つぎのとおりです。

区分 負担割合 区分判定
一定以上所得者 3割

課税所得額145万円以上の高齢者がいる世帯
(ただし、高齢者の収入の合計が、2人以上の場合は520万円未満、1人の場合は383万円未満であると申請した場合は、「一般」の区分となります。)

一般 1割

世帯の中に住民税課税者がいる世帯
(「一定以上所得者」、「低所得1」、「低所得2」のいずれにも当てはまらない方です。)

低所得2 世帯全員が住民税非課税世帯で、「低所得1」に当てはまらない方
低所得1

世帯全員が住民税非課税世帯
かつ各所得等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯に属する方
※雑所得での公的年金等控除額は80万円

高齢者とは、75歳以上の高齢者の方及び65歳以上で後期高齢者医療の障害認定を受けている方のことです。

お問い合わせ

海田町長寿保険課長寿係
電話:082-823-9609
広島県後期高齢者医療広域連合
電話:082-502-7822
Fax:082-502-7844
e-mail:info@kouiki-hiroshima.jp

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。