ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新ページ番号:0001336

中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)とは、中東およびその周辺諸国を中心に、患者が確認されているウイルス性の感染症ですが、韓国においてMERSの感染が拡大しました。

次のような症状に当てはまる方は、電話で最寄りの保健所にご相談ください。絶対に、直接、医療機関を受診しないでください。

  1. 発熱や咳などの呼吸器症状がある
  2. 韓国から入国・帰国して14日以内に、(1)の症状があらわれた
  3. 韓国滞在中に、お見舞いや介護などを含め、医療機関を訪れた

海田町を管轄する保健所

広島県西部保健所広島支所 電話082-228-2111

関連情報

(別ウインドウが開きます)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。