ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 不妊治療費の助成(平成28年4月~)

不妊治療費の助成(平成28年4月~)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

初回治療・男性不妊治療への助成を拡大しました

海田町では、特定不妊治療(体外受精および顕微授精による不妊治療)の一部助成を行っています。

平成28年4月以降の申請分から、対象者の条件など助成内容が変わります。(広島県の不妊治療支援事業と同様となります。)

また、初回治療や男性不妊治療への助成を拡大しました。

助成の対象者

次の要件をすべて満たす方です。

(1) 法律上の夫婦で、申請時に夫婦のどちらかが海田町内に居住して1年以上が経過していること。

(2) 広島県の不妊治療支援事業において、不妊治療費助成の承認決定がされていること。

   ※町の所得制限が、従来の650万円未満から730万円未満に引き上げられました。

   ※県の決定前に町へ申請することができます。

(3) 治療開始時の妻の年齢が43歳未満であること。

(4) 町民税等の滞納がないこと。

助成内容

平成27年度までの海田町の助成内容と異なりますのでご注意ください。

助成額

広島県の不妊治療支援事業に上乗せして、

◆1回あたり上限15万円を助成します。ただし、初回の治療に限り上限額30万円とします。

  (※採卵を伴わない治療については上限額7万5千円となります。)

◆男性不妊治療を受けている場合は、その治療について1回あたり上限15万円を助成します。

 【男性不妊治療】・・・特定不妊治療に至る過程の一環として、精子を精巣または精巣上体から採取するための手術。

通算助成回数

初めて助成を受ける際の妻の年齢が、

  40歳未満の場合は6回

  43歳未満の場合は3回です。

※通算助成回数には、過去に海田町および他の自治体から受けた助成回数を含みます。

※「年間」助成回数の制限はありません。

申請方法

(1)広島県が実施している不妊治療支援事業の申請後に、海田町保健センターへ申請してください。

  広島県の担当窓口・・・海田町にお住まいの方はこちらへ↓

    広島県西部保健所広島支所(保健課) 広島市中区基町10-52 農林庁舎1階 電話082-513-5526(ダイヤルイン)

  ※県・町ともに治療終了の翌日から2か月以内に申請をしてください。

(2)次に、海田町保健センターへ、備え付けの町の申請書に次のものを添付して提出してください。

  ◆広島県の不妊治療支援事業申請書(県の受付済みのもの。写し)

  ◆広島県の不妊治療費助成申請に係る証明書(県の受付済みのもの。写し)

  ◆対象となる不妊治療費の領収書すべて

  ◆印鑑

  ◆広島県の不妊治療費助成事業助成決定通知書(写し。県の決定通知が届いてから提出してください。)