ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 高齢者肺炎球菌ワクチン定期予防接種について

高齢者肺炎球菌ワクチン定期予防接種について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月4日更新

高齢者肺炎球菌ワクチン定期予防接種のご案内

肺炎球菌感染症とは

 肺炎球菌感染症とは,肺炎球菌という細菌によって引き起こされる病気です。この菌は,主に気道の分泌物に含まれ,唾液などを通じて飛沫感染します。日本人の約3%から5%の高齢者では鼻や喉の奥に菌が常在しているとされます。これらの菌が何らかのきっかけで進展することで,気管支炎,肺炎,敗血症などの重い合併症を起こすことがあります。

令和元年度(令和2年3月31日まで)の対象者

(1) 令和元年度中に65・70・75・80・85・90・95・100歳を迎える人(次の生年月日の人)

65歳

昭和29年4月2日~昭和30年4月1日生

85歳

昭和9年4月2日~昭和10年4月1日生

70歳

昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生

90歳

昭和4年4月2日~昭和5年4月1日生

75歳

昭和19年4月2日~昭和20年4月1日生

95歳

大正13年4月2日~大正14年4月1日生

80歳

昭和14年4月2日~昭和15年4月1日生

100歳以上

大正9年4月1日以前

(2) 60~64歳で,心臓,腎臓,呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害やヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害がある人

予防接種の受け方と注意点

 上記の(1)の対象者の方には4月下旬に予診票・接種券・案内文を送付しています。

 (2)に該当する方は,保健センターへご連絡ください。

 接種を受けるときは,予診票接種券を必ず医療機関に持っていってください。

 接種期間 平成2年3月31日まで

 過去に肺炎や肺炎球菌感染症にかかったことがある方についても接種の対象となります。

  ■■■ ご注意ください!■■■ 

 上記の対象年齢の方であっても,過去に肺炎球菌ワクチン(ポリサッカライドワクチン)を接種されたことのある人は,定期予防接種の対象となりません。過去の接種歴をよく確認してください。

 定期予防接種の対象外でも,75歳以上の人は町の一部助成で「任意接種」が受けられる場合があります。詳しくは保健センターへお問い合わせください。

費用について

   自己負担額 3,000円

  生活保護世帯に属する人・町民税非課税世帯に属する人は,自己負担が免除となります。次の確認書類を医療機関に提示してください。

免除対象者

確認書類

生活保護世帯に属する人

◆被保護証明書(緊急時受診用)

町民税非課税世帯に属する人

◆免除証明書(保健センターで発行します。事前申請・要印鑑)

◆免除証明書の代用となる書類((1)~(5)のいずれか)

(1)社会福祉法人等利用者負担軽減確認証 (2)後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証 (3)介護保険負担限度額認定証 (4)介護保険特定負担限度額認定証 (5)介護保険利用者負担額減額・免除等認定証

海田町内の予防接種実施医療機関

予約については,ワクチンの在庫状況により変わる場合がありますので,直接医療機関にお問い合わせください。

町外の医療機関で受けられる場合は,事前に直接医療機関にお問い合わせください。

 

医療機関

住所

電話番号

予約

南海田病院

※通院患者のみ実施

栄町2-42

823-8855

7日前まで

山本整形外科病院

堀川町2-23

822-3000

3日前まで

秋本クリニック

稲荷町3-34

823-7777

2日前まで

大野内科胃腸科医院

月見町4-5

823-5555

予約不要

片桐整形外科

南昭和町14-20

823-9133

7日前まで

河島脳外科内科クリニック

砂走10-33

823-8222

予約不要

かわもと皮ふ科

窪町2-14

820-0101

7日前まで

くすおか整形外科クリニック

新町17-8

824-0505

3日前まで

くるしま内科循環器クリニック

成本14-12

821-2212

予約不要

高橋医院

南堀川町1-15

823-4602

2日前まで

ちえ内科クリニック

幸町8-14-3

847-6500

5日前まで

深坂内科循環器科医院

窪町2-14

823-0588

2日前まで

森原内科胃腸科医院

蟹原1-13-11

822-5550

4日前まで

山野上内科クリニック

稲荷町7-15

823-7272

5日前まで

よしだ内科呼吸器科

西浜4-22-4

821-2512

予約不要

こころのクリニックひまわり

※通院患者のみ実施

窪町1-23847-31113日前まで

海田よつ葉クリニック

栄町5-32562-21007日前まで

ワクチンの効果について

 肺炎球菌には93種類の血清型があり、平成26年10月からの定期接種で使用される「ニューモバックスNp(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」は、そのうち23種類の血清型に効果があります。また、この23種類の血清型は成人の重症の肺炎球菌感染症の原因の約7割を占めるという研究結果があります。

接種方法

 肺炎球菌ワクチン「ニューモバックスNp(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」を使用し、1回筋肉内または皮下に注射します。接種量は0.5mlです。

他の予防接種との間隔について

 肺炎球菌ワクチンは不活化ワクチンです。肺炎球菌ワクチン接種後に他の予防接種を受ける場合は、接種した日の翌日から6日以上の間隔をあけて受けてください。

肺炎球菌ワクチン接種前に、生ワクチンを接種した場合は、接種した日の翌日から27日以上、不活化ワクチン(インフルエンザワクチン等)を接種した場合は、接種した日の翌日から6日以上の間隔が必要です。

次の方はご注意ください 

(1)既に「ニューモバックスNp(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)」を接種したことがある方は、定期予防接種の対象から外れます。

(2)過去に「プレベナー13(沈降13価肺炎球菌結合型ワクチン)」を接種した方は、前回の接種から5年以上の間隔があいているか確認してください。5年未満の間隔で接種した場合、注射部位の疼痛・紅斑・硬結等の副反応が、初回接種よりも頻度が高く、程度が強く発現すると報告されています。

その他

 法律で定める対象年齢以外で接種する場合,予防接種法に基づかない接種(任意接種)として取り扱われます。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。