ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

むし歯予防

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新ページ番号:0000303

お子さんの歯の健康について

丈夫な歯で、よくかんで食べることは、健康なからだをつくる上でとても大切なことです。
むし歯をつくらないようにするには、小さな時から、しっかりとした生活習慣を整えることがポイントになります。

むし歯を予防するには??

  1. 歯磨きをしっかりする(プラーク中のバイキンをとる)
  2. 砂糖の入った食べ物の取り方に気を付ける(おやつの食べ方)
  3. フッ素を利用してむし歯に強い歯にすること

この3つが大切です!

小さなお子さんのお口の健康は、お母さんやお父さん、家族みんなで気を付けてあげたいですね。

歯のみがき方

歯が生えるまで

母乳やミルクが残らないようにガーゼなどで拭いましょう。

前歯が生える頃(6か月~1歳頃)

お口に触れられることに慣らすことや、お母さんお父さんも口の中を観察する習慣をつけましょう。

慣らせるために歯ブラシをお口にくわえさせたり、手ににぎらせたりしましょう。

奥歯が生えそろう頃(1歳半~3歳頃)

自分でみがくことも大事、また仕上げみがきも大事です。

スキンシップ目的で仕上げみがきをていねいにおこない、むし歯に強い歯をつくりましょう。

フッ素

フッ素はむし歯予防に効果的といわれています。
フッ素には、歯を丈夫にして、むし歯になりにくくする働きがあります。
歯の表面に塗ったり、おうちでフッ素入りの歯磨き剤を使うのもよいでしょう。

1歳6か月児健康診査、3歳児健康診査では、希望者にフッ素塗布を行っています。
健診を機会に、お子さんの歯や口に関心をもちましょう。
また、2歳になったら、町内歯科医院でフッ素塗布を受けましょう。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。