ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 高齢者のインフルエンザ予防接種料金を減免します

高齢者のインフルエンザ予防接種料金を減免します

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月1日更新

 今年もインフルエンザ流行のシーズンがやってきました。
 地域差はありますが、日本では12月頃から3月頃を中心に流行します。ワクチンが十分な効果を維持する期間は、接種後約2週間後から約4~5か月とされています。
 高齢者や慢性疾患患者は、肺炎を併発し重症化しやすいため、予防接種を受けることが大切です。
 65歳以上の方等は、減免制度を利用し、体調のよい日を選んで接種しましょう。

減免対象者

  • 65歳以上の方
  • 60~64歳で、心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に一定の障害を有し、身体障害者手帳1級に相当する方

自己負担金

   1,500  ただし、次の方は無料です。

  • 町民税非課税世帯で免除証明書をお持ちの方(事前に保健センターで交付を受けてください※要認印)
  • 生活保護世帯の方

 

免除証明書の代用となる書類

  • 社会福祉法人等利用者負担軽減確認証
  • 後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証
  • 介護保険負担限度額認定証
  • 介護保険特定負担限度額認定証
  • 介護保険利用者負担額減額・免除等認定証

     

接種時に持って行く物

  • 健康保険証(生活保護世帯の方は被保護者証明書)
  • 免除証明書(町民税非課税世帯の方のみ。事前に保健センターへ印鑑を持って申請にお越しください)
  • 予防接種券、予診票(町外の医療機関で接種する方のみ。事前に保健センターへ受け取りにお越しください。町内で接種される方は医療機関に置いてあります。)

減免期間

令和元年10月15日(火曜日)から令和2年1月31日(金曜日)まで
      (期間外に接種された方は減免の対象とはなりませんのでご注意ください)

接種できる医療機関

県内のかかりつけ医療機関(インフルエンザ予防接種実施の有無を確認してください)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。