ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建設課 > 海田市駅南口土地区画整理事業

海田市駅南口土地区画整理事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月5日更新ページ番号:0005748
 海田市駅南口土地区画整理事業につきましては、事業着手以来、皆さんのご理解とご協力をいただき、令和元年11月28日に完了致しました。

        【整備前】                      【整備後】           

  整備前      整備後

地区の概要

本地区は,JR山陽本線と呉線の乗換駅である海田市駅の南口に面する約2.0ヘクタールの区域です。

本地区は,海田市駅の橋上化までは駅裏であったことから,住宅系の土地利用が主で,また,商業系の土地利用との混在が進んでいました。

町といたしましては,土地区画整理事業により,本地区を町の玄関口及び中心地にふさわしい地区とするため,基盤整備を図る方針としました。

 
【位置図】 【航空写真】
位置図 航空写真

計画の目的

本地区は,JR山陽本線と呉線の乗換駅である海田市駅の南側に位置し,広島都市圏の中で東部地域の拠点としてのまちづくりが求められています。

海田町においても,駅北側及び大正交差点周辺地区とあわせて,その中心的な役割を果たすべき地区として,位置付けております

海田町の玄関口としての開発ポテンシャルの向上を的確に受け止め,広島都市圏東部の拠点として,また海田町の中心地(玄関口)として,高次な都市機能を果たすため,現在進められている広島市東部地区の連続立体交差事業を都心整備の契機として都市基盤を整備し,高度利用が可能な都市基盤をつくることを目的としています

計画の概要 

 
【計画概要】 【設計図】
土地区画整理事業の名称 広島圏都市計画事業
海田市駅南口土地区画整理事業
土地区画整理図
施行者の名称 海田町
施行地区の地域の名称 海田町窪町及び新町の各一部
施行面積 約2.0ヘクタール
平均減歩率 13.86パーセント
事業費 約11億4千万円
事業施行期間 平成13年3月30日から
令和2年3月31日まで

公共施設の計画

道路

JR海田市駅へのアクセス機能を強化するため,南口広場を3,800平方メートルに拡張整備するとともに,アクセス道路として都市計画道路 海田市駅南口線(幅員 22m),中店窪町線(幅員 15m)を整備しました。

公園

JR海田市駅の乗降口及び駅前広場と一体となった憩いの場を創出するため,窪地公園の拡張を図りました。

排水施設

排水施設を整備しました。

その他

公共施設のグレードアップや美しい街並みの誘導を図りました。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。