ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建設課 > 区画整理の主な流れ(公共団体施行)

区画整理の主な流れ(公共団体施行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年2月29日更新ページ番号:0000824

区画整理を施行する者を施行者といいます。区画整理は、この施行者の違いにより、個人施行、組合施行、公共団体施行(市町村等)等に分かれますが、ここでは、公共団体施行の場合について、説明します。

説明会

土地区画整理事業等の説明会を開催します。土地区画整理事業等の説明会を開催します。

都市計画決定

区画整理区域の決定

事業計画の縦覧・決定

事業の名称、施行区域、面積などを定めます。
事業計画案は、2週間縦覧されます。
事業計画決定の公告がされ、事業が開始されます。
土地所有者及び借地権者の中から、選挙によって土地区画審議会の委員を選びます。

土地区画整理審議会

審議会では次のようなことを審議します。

  • 仮換地の指定
  • 換地計画の作成
  • 換地計画に係る意見書の審査

換地の設計

従前の宅地の位置・地積などを基にして、換地の位置・地積などを定めます。
各土地(宅地)の減歩率や換地の位置がわかります。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。