ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

文化財保護

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

海田町文化財保護

海田町の歴史・文化財についてはこちらをクリックして下さい。

開発に伴う埋蔵文化財の取扱い

海田町内で、工事等の開発事業を行う際は、該当地における周知の遺跡の有無または面積の多少にかかわらず、必ず事前に海田町教育委員会生涯学習課に所定の様式により届出を行ってください。
届出にあたっては、定型様式による協議書の他、別添資料として、

  • 計画の概要(パンフレット等)
  • 開発計画を示す区域図(1/10,000~1/25,000)
  • 開発計画の区域を示す図面(等高線の入ったもの 1/500~1/2,000)

などが必要となります。

埋蔵文化財の有無協議書 [Wordファイル/29KB]

記念物の現状変更の許可等

平成19年4月1日より、海田町内における国指定の天然記念物の現状変更にかかる許可申請の提出先が、海田町教育委員会教育長に変わりました。

海田町内では、瀬野川流域において国指定天然記念物オオサンショウウオの生息実績があるため、この河川において工事を行う場合は、「現状変更許可申請書(生息状況調査)」を提出し、許可を得る必要があります。(文化財保護法第125条)

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。