ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

監査委員制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年4月1日更新ページ番号:0018588

監査委員制度

監査委員は、町長、教育委員会などの執行機関から独立した機関で、地方公共団体には、必ず置かれています。(地方自治法第195条)

監査の役割

監査委員は、町の財務事務や事務の執行が、法令等に基づいて適正に行われているか、また、合理的・効率的に行われているかなどの観点から監査を行います。

監査委員の概要

海田町の監査委員は、町長が議会の同意を得て、人格が高潔で行政運営に関し優れた識見を有する委員(識見委員)及び町議会議員のうちから選任される委員(議選委員)とで構成されています。

監査委員の任期は、識見委員は4年、議選委員は議員の任期です。(地方自治法第196条、第197条)

海田町の監査委員

氏名 選出区分 任期 備考
永 海  房 雄 識見委員 平成31年1月1日~令和4年12月31日  
大高下 光信 議選委員 令和3年4月6日~令和7年3月31日  

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。