ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 魅力づくり推進課 > 「産業競争力強化法」に基づく創業支援事業計画について

「産業競争力強化法」に基づく創業支援事業計画について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

 広島市の既存の創業支援事業計画の計画変更により,共同して実施する自治体として海田町が追加され,国から認定を受けました。

創業支援事業計画について

 「創業支援事業計画」は、平成26年1月20日に施行された「産業競争力強化法」に基づき、創業による雇用の拡大、産業の新陳代謝の促進を目的とした計画です。(計画期間:平成26年4月1日~平成31年3月31日)
 市区町村が地域の創業支援事業者(認定経営革新等支援機関、地域の経済団体、金融機関、士業、NPO等)と連携して行う創業支援事業について「創業支援事業計画」を定め、国の認定を受けた場合、国の様々な支援策を活用できるようになることとされています。 「創業支援事業計画」の概要 [PDFファイル/211KB]

支援内容

 「創業支援事業計画」の中に定められた「特定創業支援事業」を受けられた方で、本町が証明書を発行した場合は、下記の支援を受けることができます。

特定創業支援事業とは1.経営、2.財務、3.人材育成、4.販路開拓等の知識習得を目的とした継続的な支援のこと。この4つの支援すべてを受けた創業者には、国より以下の支援策が適用されます。

  1. 株式会社を設立する際の登録免許税の軽減
    (資本金の0.7%→0.35%、最低税額15万円→7.5万円)
  2. 創業融資を受ける際の公的な保証として利用できる、無担保、第三者保証人なしの創業関連保証(※)の枠の拡大(1,000万円→1,500万円)
  3. 創業関連保証(※)の特例の拡大
    (創業2か月前から対象→事業開始6か月前から対象)

様式

参考

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)