ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 令和5年1月から、軽自動車税(種別割)に係る新システムが導入されます

令和5年1月から、軽自動車税(種別割)に係る新システムが導入されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月8日更新ページ番号:0029151

1.車検時の納税確認が電子化されます

 軽自動車税(種別割)の納税情報について、令和5年1月から軽自動車検査協会で電子的に確認ができるようになります。
 これにより、車検の際に継続検査窓口で納税証明書を提示することが原則不要となります(ただし、二輪の小型自動車を除く)。
 また、これまで納税証明書を紛失した場合に必要だった納税証明書の再交付手続きも不要となります。

【注意点】

  • 納税情報の電子化は軽自動車(三輪・四輪)が対象です。二輪の小型自動車は、これまでどおり納税通知書に添付されている納税証明書の提示が必要です。
  • 金融機関などで納付した場合、軽自動車検査協会への納税データの提供に、納付後約一週間程度を要します。納付後すぐに車検を受ける場合には、これまでどおり納税証明書の提示が必要となる場合があります。
  • 納税証明書の提示が省略できるのは、軽自動車税(種別割)の未納(延滞金を含む)がない場合に限ります。

;

l

2.軽自動車の新車購入時の手続きがオンライン上でできるようになります​

 令和5年1月から、パソコンで24時間365日いつでも検査の申請等ができます。

【注意点】

  • オンライン手続きができるのは、「新車購入時」のみです。
  • 二輪・原付・小型特殊については、OSS申請の対象外です。
  • スマートフォンやタブレットからの申請はできません。

 ※詳しくは下記サイトをご確認ください。​

 https://www.k-oss.keikenkyo.or.jp/portal/beginner/osstowa/index.html

 

      軽自動車OSS専用ダイヤル

  受付時間 平日 8:30~17:00

  (土・日・祝日 12月29日~1月3日 を除く)

  TEL 050-3364-0800

k

k

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。