ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生活安全課 > 環境に優しい生活を! ~レジ袋からマイバッグへ~

環境に優しい生活を! ~レジ袋からマイバッグへ~

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新

環境に優しい生活を! ~レジ袋からマイバッグへ~

 地球温暖化防止やごみの減量化,資源の節約のため,県内の主要なスーパーマーケットやドラッグストア等で平成21年10月1日からレジ袋の無料配布を中止する取り組みを開始します。
 
環境に負担の少ない循環型社会の形成を推進する上で,廃棄物の3R【排出抑制(リデュース)・再使用(リユース)・再生利用(リサイクル)】は基本的な事項であり,なかでも廃棄物の削減効果は高く,最も優先すべき「排出抑制(リデュース)」の一環として,近年レジ袋の削減に関する取り組みが全国的に拡大しています。
 その中で展開される「マイバッグ運動」とは,買い物をして商品を持ち帰る際に,レジ袋の代わりに「マイバッグ」を利用する環境に優しい運動のことです。限られた資源を大切にし,レジ袋削減のため,買い物の際にはマイバッグを持って行くようにしましょう。 

 

なぜ無料配布を中止するのか?

資源の大量消費,ごみの大量排出などによる影響で,私たち1人当たりのごみの排出量は年々増加しています。その中でも,レジ袋を含む容器包装は,家庭ごみの約6割を占めており,1人当たり年間で約300枚のレジ袋を使用していると言われています。また,レジ袋は,石油製品であるナフサ等から製造されているので,マイバッグを持って行くことによって,製造に要する石油も,廃棄・燃焼による二酸化炭素の排出量も減らすことに繋がります。

 

マナーを守った買 い物を

マイバッグで買い物をするときには,コンパクトなバッグはレジで出す,大きなバッグは最初から店のかごに入れておくなど,あくまで「マイバッグはレジ袋の代わり」という意識を持ち,お店の人に誤解を与えないようなマナーを心がけましょう。

マイバッグでの買い物やレジ袋の辞退は,誰にでも,すぐにできる取り組みで,「使い捨てライフ」から「エコライフ」に切り替えるきっかけにもなります。ごみの削減や地球温暖化を防止して,豊かな海田町を未来に残せるよう,皆さんのご協力をお願いします。