ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災課 > 危機管理型水位計の設置・運用開始について

危機管理型水位計の設置・運用開始について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年6月1日更新ページ番号:0016102

 要旨

 広島県全域への計画的な河川開始体制の充実・強化を図り,県民の安全・安心の確保に取り組むことを目的として,広島県による危機管理型水位計の整備が推進されています。

 海田町においても,防災上重要であり,かつ河川管理上必要な箇所に危機管理型水位計が設置されることとなりました。

 

設置箇所

 海田町においては,計3か所に危機管理型水位計が設置されています。

No. 水系 河川名 設置箇所 (クリックで地図を表示)

 

【危機管理型水位計 設置箇所一覧】

二級 瀬野川 瀬野川 安芸郡海田町石原(石原公園横・石原水位観測局内)
二級 瀬野川 三迫川 安芸郡海田町寺迫(みさこはし)
二級 尾崎川 尾崎川 安芸郡海田町南堀川町(ひまわりプラザ東側)

 

水位情報の確認方法

 (1) 広島県河川防災情報システム(http://www.kasen-bousai.pref.hiroshima.lg.jp/rivercontents/)へアクセス

 河川防災情報システム トップページ

 (2) ページ右下の「危機管理型水位計」をクリック 

 ページ説明(2)

 

 (3) 確認したい地点の水位計をクリック

 閲覧説明(3)

 

 【観測データ閲覧イメージ】

 三迫川

 

 【画面の見方】

 画面の見方

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。