ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 防災課 > 雨の降り方と浸水想定区域図

雨の降り方と浸水想定区域図

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月22日更新ページ番号:0018569

 浸水(内水)ハザードマップの作成にあたり,降雨の規模による浸水箇所の違いや,浸水に至るまでの経緯をわかりやすく示すことを目的として,次に示す3降雨を対象降雨として選定し,それぞれの浸水想定区域を設定しました。 

【浸水想定区域設定において対象とする降雨】
降雨種類

1時間降雨量

(mm)

1時間降雨の

発生確率年

備考
計画降雨 49.6 7年

・下水道計画降雨

・今後,同規模の降雨が頻発すると考えられることから選定

既往最大降雨 63.0 35年

・平成30年7月豪雨災害時における降雨

・発生時期が新しく,浸水実績が整理されていることから選定

想定最大降雨

(瀬戸内海)

130.0 ・「浸水想定(洪水,内水)の作成等のための想定最大外力の設定手法」(平成27年7月 国土交通省水管理・国土保全局)参照

 

【雨の降り方と浸水想定区域図】

  計画降雨 既往最大降雨 想定最大降雨
浸水想定区域図

計画降雨

〇 拡大して閲覧する場合はこちら [PDFファイル/1.13MB]

既往最大降雨

〇 拡大して閲覧する場合はこちら [PDFファイル/1.16MB]

想定最大降雨

〇 拡大して閲覧する場合はこちら [PDFファイル/1.2MB]

1時間降雨量 49.6mm 63.0mm 130.0mm
予報用語

激しい雨

(1時間雨量 30~50mm)

非常に激しい雨

(1時間雨量 50~80mm)

猛烈な雨

(1時間雨量 80mm~)

人の受けるイメージ バケツをひっくり返したように降る。

滝のように降る。

(ゴーゴーと降り続く)

息苦しくなるような圧迫感がある。

恐怖を感ずる。

人への影響

傘をさしていてもぬれる。

傘をさしていてもぬれる。

傘は全く役に立たなくなる。

傘は全く役に立たなくなる。

屋外の様子

道路が川のようになる。

道路が川のようになる。

水しぶきであたり一面が白っぽくなり,視界が悪くなる。

水しぶきであたり一面が白っぽくなり,視界が悪くなる。

 ※ 人の受けるイメージ,人への影響,屋外の様子に関する記述・イラストについては,気象庁作成のリーフレット「雨と風(雨と風の階級表)」を活用。

 

 

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)