ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

名誉町民

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月1日更新ページ番号:0002166

名誉町民

織田幹雄氏(1905~1998)

織田幹雄氏

日本人初の金メダリスト

第9回オリンピック・アムステルダム大会・三段跳びで15メートル21を跳び、日本人初の金メダルを獲得。戦後国際スポーツジャーナリストとして日本陸上競技界の発展と青少年の健全育成に尽力するとともに、第18回オリンピック東京大会では、陸上チーム監督、また国際陸上競技大会では、副会長兼コーチ等国際親善に大きく貢献。


織田幹雄氏顕彰モニュメント

平成16年、海田総合公園多目的広場横の芝生地に「織田幹雄氏 顕彰モニュメント」が完成しました。三段跳びの「跳躍」をイメージした、放物線状のモニュメントです。表面には織田幹雄氏が金メダルを獲得した時の跳躍の様子や、生涯の経歴を表示しています。
モニュメントの隣には、織田幹雄氏が金メダルを獲得した時の記録(15メートル21センチ)を表示した体感ゾーンを設備しています。

加藤陽三氏(1910~1989)

加藤陽三氏

防衛庁事務・政務次官。今日の海田町繁栄の基礎をつくる

日本の平和と安全のための基礎づくりに貢献するとともに、本町の旧軍用地(進駐軍接収用地)の日本政府への返還を実現させ、その地に企業を誘致することにより、今日の海田町繁栄の基礎をつくる。また海田西小学校の建設に際しての自衛隊幹部宿舎の移転,本町治水の要である尾崎川排水施設新設事業等各般にわたり郷土づくりの先駆者として大きく貢献。

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。