ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

織田幹雄記念館について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月4日更新ページ番号:0009342
織田幹雄記念館
 織田幹雄記念館は、海田町出身で、日本人初のオリンピック金メダリスト織田幹雄の足跡をたどる記念館です。織田幹雄は、オリンピック優勝、世界記録樹立などアスリートとしての輝かしい実績で知られますが、引退後も、職業人、指導者として様々な業績をあげており、生涯を通じて日本の陸上界に大きく貢献しています。一方で、彼の残した膨大な日記や記録、言葉などからは、そこに至るまでに積み重ねられた多くの努力や工夫、そしてその精神のありようを伺うことができます。
 織田幹雄記念館では、その「人間力」の一端を、幼少期から晩年までの資料や映像、様々なグラフィックなどにより感じていただきたいと考えています。

記念館の概要

□ 開館時間:9時~17時

□ 休館日:12月29日~1月3日

□ 入館料:無料

□ 住所:〒736-0066 広島県安芸郡海田町中店8番24号織田幹雄スクエア2階
(仮称)織田幹雄記念館イメージ図(2018年3月時点)
 織田幹雄は、若い頃は競技者として、引退後は指導者として日本陸上界の未来を切り拓いてきました。そんな織田が生涯を通していつも輝いていた場所、それこそが陸上スタジアムだと言えます。「織田幹雄記念館」は、この陸上スタジアムをデザインテーマとしています。
 陸上トラックに模した「時代のフィールド」では、実際の陸上競技と同じ反時計回りで、実物資料やグラフィックによって織田幹雄の生涯を紹介します。その周囲には、映像や小セミナーなどによって織田幹雄について学べる「ODAシアター」、織田幹雄の遺した言葉を紹介する「言葉のギャラリー」、織田幹雄が遺した関連書物などをゆっくりと読むことができる「競技のライブラリー」を配置しています。
※ODAシアターで放映を予定している動画は別のものです。