ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 長寿保険課 > 後期高齢者医療制度について

後期高齢者医療制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月26日更新ページ番号:0000869

後期高齢者医療制度とは

老人医療費が増大する中、高齢者世代と現役世代の負担を明確化し、医療保険制度を将来にわたり継続可能なものにするため、これまでの老人保健制度にかわり、創設された後期高齢者のための独立した医療制度です。

対象者

  • 75歳以上の方
  • 65歳以上75歳未満の方で、一定の障害(身体障害者手帳1~3級、4級の一部(※)、精神障害者保健福祉手帳1・2級、療育手帳マルAまたはA)があると広域連合の認定を受けた方

   ※ 身体障害者手帳4級の音声機能または言語機能の障害に該当する方、
    または、下肢障害の1号、3号または4号のいずれかに該当する方

 

主な制度内容

制度名 後期高齢者医療制度
運営主体(保険者) 広島県後期高齢者医療広域連合
保険料の納付先 海田町に納付
被扶養者の保険料負担 健康保険組合等の被扶養者だった方も保険料を納付
(軽減措置あり)
資格取得日 75歳の誕生日当日及び障害認定日

 役割

広域連合が行うこと

  • 被保険者の認定
  • 保険料額の決定
  • 医療給付

 など制度の運営を行います。

海田町が行うこと

  • 住所変更・給付申請などの届出窓口
  • 保険料の徴収

 

費用負担

医療費の一部負担

窓口では、所得に応じて医療費の一部を負担します。

高額療養費の支給

一か月の医療費の負担額が自己負担限度額を超えた場合、広島県後期高齢者医療広域連合から申請書が郵送されます。申請をしていただくと、限度額を超えた分(高額療養費)があとから払い戻されます。高額療養費の該当が2回目以降の場合は申請の必要はなく、広島県後期高齢者医療広域連合から支給金額、支給日等が書かれたハガキが郵送されます。

入院時の食事代

治療用装具の負担(療養費の支給)

コルセットなどの治療用装具を作ったときは、いったん全額を負担していただきますが、申請により一部負担金を控除した額が療養費として支給されます。

手続き

後期高齢者医療被保険者証をなくしたとき

後期高齢者医療被保険者証をなくしたときや、汚れて使用できなくなったときは、申請により再交付します。

交通事故などで後期高齢者医療を受けるとき

交通事故など第三者行為によって受けたけがの治療は、原則として当事者が過失割合に応じ負担すべきものですが、この治療を後期高齢者医療で受けるときは必ず届出が必要です。

その他の手続き

 

お問い合わせ先

海田町長寿保険課長寿係
電話:082-823-9609

広島県後期高齢者医療広域連合
電話:082-502-7822
Fax:082-502-7844
e-mail:info@kouiki-hiroshima.jp

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。