ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > メニュー一覧 > 知る > 行こう!健診

本文

行こう!健診

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月20日更新 ページ番号:0021435

みなさん1年に1回は健診に行っていますか?

【特定健診はわずかな検査でいろいろな病気が分かります】

検査1時間でわかること     

 

 

【特定健診受診率(国民健康保険加入者)】  

どのくらいの人が健診を受けているか疑問を感じた男性

      

特定健診受診率(令和2年度速報値:国民健康保険加入者)                         

  令和2年度(%)
海田町 35.4
26.7
人口同規模 35.4
32.1

                              国保データベースシステム(KDB)より

受診率が低い

 

 

【健診を受けた人にはどんな所見が見つかったの?】

 

 9割

 

驚いて感想をいう女性

 

 

所見率は以下の通りです。

 

 特定健診結果有所見率(令和2年度速報値)           

検査値はメタボ・予備群レベル

海田町(%)

県(%) 人口同規模(%) 国(%)
メタボ予備群 10.4 11.0 11.4 11.3
メタボ該当者 22.9 21.0 21.1 20.8
非肥満高血糖 9.8 10.3 10.2 9.5
腹囲 36.5 35.1 35.7 35.3
BMI 6.3 4.8 5.2 5.0
血糖 0.5 0.7 0.7 0.6
血圧 6.8 7.8 8.2 8.1
脂質 3.1 2.5 2.5 2.6
血糖・血圧・脂質 7.3 6.8 7.0 6.8

                                            国保データベースシステム(KDB)より

メタボリックシンドロームが県と国より多いです

 

※メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪型肥満(腹囲が大きい)に加え、脂質異常・高血圧・高血糖のうち2つ以上の異常が同時に出ている状態です。メタボをほうっておくとじわじわと動脈硬化が進行し、やがて生活習慣病の重症化を招きます。

 

【どんな病気に医療費がかかるの?】 

海田町では以下のグラフの割合で医療費がかかっています。                                            

糖尿病、高血圧症、脂質異常症は、特定健診を受けると病気のリスクを発見できます。

 

                                   医療費分析(令和2年度速報値)

医療費分析円グラフ海田町・県

                                                                                                国保データベースシステム(KDB)より

 

【健診を受けるメリットってどんなもの?】

健診を受けることには以下のようなメリットがあります。

(1)医療費が安くなる

健診を受けている人の医療費は6000円安い

 

 

 

 

 

 

 

(2)保健指導が受けられる

保健指導が受けられます。

(3)病気の予防ができる

病気の予防ができる

(4)健康管理ができる

続けて受ければ安心

健診を受けることを決めた女性

 

【健診へ行こう】

自覚症状のない生活習慣病を予防できるのは健診だけです。

病気になってからでは遅いので、健診で予兆を発見して、生活習慣を予防して生活習慣病を防ぎましょう。

家族みんなが健康に過ごすために、ぜひ健診へ行きましょう!

若者から老人

意見をお聞かせください

お求めの情報が十分掲載されていましたか?

ページの構成や内容、表現は分かりやすいものでしたか?

この情報をすぐに見つけることができましたか?

※1いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。

このページを見ている方はこんなページも見ています


このページの先頭へ